おてんばで難しいお年頃な姫ちゃん(中3) &甘えん坊で暴れん坊な太郎くん(小4) 日々進化中!


by 母上

リベンジの塩ラーメン

昨日は父上が早く帰ってきたのでリベンジ?

前回紹介したの納豆味噌ラーメンお店に、またしても行ってきました。
今回は「メニューは見ずに塩ラーメンにしよう」と硬く決意して行きました。
プププッ (*^m^)o==3

本日のオーダー 『塩ラーメン』
b0026388_8393027.jpg

チャーシュー・メンマ・チンゲンサイ・ネギ・白ゴマが乗っています。
シンプルだけど、母上が大好きな味。
姫も前回以上によく食べます。美味しかったんだね。
(*゜▽゜)*。_。)*゜▽゜)*。_。)ウンウン

ちなみに、父上のオーダーは『ネギミソラーメン』
b0026388_8394991.jpg

ネギがたっぷり乗ってます。
父上はこれにおろしニンニクをたっぷり入れて食べたんです。
今日が仕事だったら大変でした。(今日はお休みです)
バタバタッ (;^_^)//”・:.,;*☆臭いのとんでけ~

3人とも、大満足で帰ってきました。
おいちかったぁぁ~ ( ̄¬ ̄*) あっっ よだれがっっっ
[PR]
# by stretch_tongari | 2004-10-03 08:40 | 食いしん坊 | Trackback | Comments(3)

最期の時

母上には息子がいました。

昨年、13歳を目前に亡くなりました。
シェットランドシープドックの「りゅう」♂です。
体は大きいのに、家の中で飼われていたんです。
母上にとってはペットではなく「息子」だったんです。
毎日の散歩はもちろん、週末にはシャンプーしたりカットしたりしました。
寝るのも一緒。りゅうは母上の部屋で、時には母上のお腹を枕にして寝ていました。
6歳までは元気だったのですが、腎臓を悪くしてしまい、それから亡くなるまでは病院で出される治療食と尿検査で、動物病院のおなじみさんでした。

結婚を期に、りゅうは実家の両親にお願いしてきました。
姫の初節句の頃から具合が悪くなり、あまり食事を取れなくなってしまいました。
段々と体力もなくなり、散歩のコースも短くなっていったようです。

姫が1歳の誕生日を迎えたあたりから、歩けなくなりました。食事も取れません。
この頃母上は、姫をつれてしょっちゅう実家に帰っていました。
りゅうが心配だったからです。
でも、母上が実家に帰ると両親は「今日は昨日より調子がいい」って言うんです。母上が来たのがうれしかったのかな?

母上の元気になってほしいという想いも届かず、最期の時が近づいてきました。
まったく食事ができなくなったりゅうは、入院して点滴をうけていたのですが、検査の結果は悪化するばかりで、打つ手がなくなってしまいました。
1晩だけでも、自宅で・・・とりゅうをつれて帰ってきたんです。

横たわっているりゅうは、水を飲む事もできず朝からおしっこが1滴も出ていませんでした。
先生には、いずれ尿毒症を起こして、吐き気とけいれんが来ると言われていました。
毛が長い犬なので見た目には変わりませんが、なてであげると随分と痩せてしまっていて、さわる所全て骨があたってこの2ヶ月くらいの体力消費がわかります。

母上は、1晩中ずっと側で声をかけながらりゅうの体をなでていました。
もう立ち上がる体力はないのに、何度も何度も起き上がろうとしては倒れてしいます。
それを支えながら、無理しなくていいんだからと言うのですが、わかるはずもありません。
何度か吐き気をもよおしたようですが、水も飲めないくらいなので出てくるものがなくてつらそうでした。
息も荒く苦しそうで・・・綿に水を含ませて、口の中を湿らせる事くらいしかできません。

明け方に、悲しそうに3回吠えました。
点滴をするようになってからは1回も吠えていなかったそうです。

母上は両親と色々と話し合いました。
このまま、あと何日か・・・
今後もっと激しい吐き気と、けいれんが起こるはず。
これを乗り越えれば回復するわけでもなく、りゅうにとってはもっとツライはず・・・

翌日朝、父と2人で病院に先生を訪ねました。
前の日の様子を伝えて、安楽死の処置をお願いしました。
先生も、それが1番良いのではないかと言ってくれました。
ただ、1晩でも家族の元に返したかったと・・・
家に戻り、意識が薄れているりゅうを何度も何度もなでてあげました。
父は、たとえりゅうに苦痛はないとは言え、その瞬間を見たくないと言いました。
母上は、このこが最期の時は看取ってあげたいと思っていたので、注射をうつ時は私が抱いていたいと言いました。
病院に連れて行って、処置室で先生に
『けいれんが始まってますが、今だったらあなたの声が聞こえるはずですよ』と・・・

先生がゆっくりと注射液を入れていく時、涙をこらえる事なんてできませんでした。
  今まで頑張ったね
  えらかったね
  側にいるから安心してね
何度も何度も耳元で話しかけました。
1分も経たなかったでしょう。
『もう・・・』と先生がうなづきました。
思わず胸のあたりを触っていました。りゅうの身体はまだ温かいのに、鼓動はありません。

亡き骸を連れて帰って、いつもいた居間に寝かせました。
安らかな顔で、死んでいるのが嘘のようでした。
弟が仕事から帰ってきて、小さな祭壇に上がっているお供物やお線香が見えないのか『寝てるのか?』と聞いてきます。
呼んだら起き上がって、しっぽを振って飛んできそうなくらい安らかな顔でした。自分の中で何度も『これでよかったんだ』と納得させていました。

自宅に連れて帰る前に、先生が
  1つお願いがあります。
  これを機会に動物を飼う事を怖がらないで下さい。
  生きているものは必ず死にますが、悲しい思い出だけではなく
  楽しかった、いい思い出がたくさんあるはずです。
  あなたのお子さんが動物を飼いたいと言った時には
  生き物は死ぬから嫌だとは言わずに飼ってあげて下さい。
  絶対にいい事ですから
と言いました。

前の晩に父と『もう動物は飼えない』と話していたのですが、それを聞いた時に目からうろこが落ちた気がしました。
確かに最後はつらくて悲しい思いもしましたが、13年の間にたくさんのいい思い出ができました。
りゅうのおかげで、無償の愛情を知る事ができました。
自分自身が成長したような気がします。
彼が私たちの元に来たことを、後悔した事なんて1度もありませんでした。
面倒だと思った事もありましたが、その何倍も癒されました。

実家に帰った時、りゅうがいないという事にはもう慣れました。
今でも、たまに最期の時を思い出して涙がでる事があります。
母上にとっては一生忘れる事はできない、大切な大切な息子ですから。

 母上が好きな写真です。
 玄関で日向ぼっこをしながら、気持ちよさそうにしているりゅうです。
b0026388_14485690.jpg


昨日の 生 とは対象の 死 のお話しでした。
[PR]
# by stretch_tongari | 2004-10-02 14:49 | 家族の絆 | Trackback | Comments(4)

出産秘話

姫は5月5日に生まれました。でも、予定日は1週間後だったんです。
5月1日に健診に行った時、まだまだですね。予定日を過ぎるかな?って感じだったんです。
母上は3人兄弟ですが、バアバは3回とも予定日を1月近く過ぎた為に、誘発剤を使って産んだと聞いていたので自分もきっと遅れるんだろうと思っていたのです。

4日の早朝、お腹が痛くて目が覚めました。例えて言うなら生理痛のような感じ。トイレに行ったらちょっと出血してる…
  ハッΣ(゜ロ゜〃) これって『おしるし?』
まず、落ち着こうとシャワーを浴びました。
12分感覚くらいで、キューっと痛くなるんです。
間違いない!これは陣痛だっ!
午前9時。間隔が10分をきったくらいで病院に行き、そのまま陣痛室へ入院。そこからが長かった…子宮口がまだ開いてないからどんどん歩けと言われ、病院の中をぐるぐる。
たまにくる痛み。でも、こんなの序の口だったのね。
辛くなったのは午後9時あたりからです。間隔は短くなって痛みも強くなってきます。最後の方は、痛くない時間がありません。早く出してぇぇって何度も言いたくなります。
分娩台にあがったのは日付が変わっていました。
いざ分娩台に上がって、人工破水。さあいきもうって時…

助産婦さんが電話の子機を持ってきました。
母上は痛くて、疑問に思う余裕もありません。
『分娩室です。赤ちゃんの心音が弱ってきていますのでお願いします』
  えっ? 何?
小児科の医師を呼んでいたようでした。
母上は余裕がないから聞こえていなかったのですが、外で待っている父上にはその心音が弱くなっていくのが聞こえたそうです。
母上は心の中で『だったら、切って出してよ』って思いました。
産婦人科の医師が『赤ちゃんが弱ってるんで、押しますからね』
  押す?
女医さんだったんですけど、分娩台に乗ってきて母上の上にまたがり、お腹の上から思いっきり押したんです。
3回くらい押されたでしょうか?ツルッと出たんです。でも、その時の痛みと言ったら…絶叫してました。
生まれた赤ちゃんは、すぐに小児科の医師の所へ連れて行かれました。男か女かも知らされないまま…

たまたまその日は出産ラッシュで、3つある分娩台は全部埋まっていて、母上の出産後もすぐに隣で分娩が始まっていました。
そのせいか、しばらく放置されたままの母上…
頭は真っ白で、離れたところにいる我が子の様子を見つめるだけでした。

30分くらいたって、たまたま横を通った助産婦さんに性別を聞いてやっと女の子だって事をしりました。
『もう大丈夫ですよ』って言ってくれた時はホッとしました。
が・・・その後の処置が辛かった (ノ◇≦。) ビェーン!!
切れた部分を縫合するのです。母上は強引に押し出された為に、普通の人より傷が大きくなってしまい縫合に1時間近くかかりました。
普通は、肩をすぼめて回転しながら出てくるって言いますよね。母上の場合は、そのまま押し出されちゃったんですね。
麻酔なしなので、その痛みといったら…思い出したくもないです。
しかも、もしかしたら手術しなくちゃ元にもどらないかもって言われちゃったんです。
結果的には手術しなくて済みましたが、傷の痛さは半月くらい辛かったですね。

生まれて30分くらいしたら、外で待っているパパは赤ちゃんを抱っこできるそうなのですが、父上が姫を抱っこしたのは1時間半後。
しかも、その時点で母上はまだ抱っこしてなかったんですよ。

生まれる時にお騒がせだった姫も、それからは元気過ぎるくらい元気。
今から思えば、あの時お腹を押されなければ生まれなかったかもしれないし、重い障害が残ったかもしれない。
すごく辛い時間だったけど、感謝。感謝。

平成14年5月5日  午前2:18 母上になった瞬間です。
5月5日は父上と母上が始めて会った日でもあります。
その日を選んで生まれてきたんだね。


余談ですが・・・
母上が頭の中が真っ白だった時、となりの分娩台から絶叫…
(仕切られてるから見えないけど声は聞こえてくるんです)
   「あ゛ぁぁぁ う○ち出ちゃう う○ち出ちゃう」
   「それが赤ちゃんですよっっ はいっ いきんでっっ」
思わず ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
[PR]
# by stretch_tongari | 2004-10-01 06:17 | 家族の絆 | Trackback | Comments(3)
昨日、母上は実家に帰る準備を着々と進めていました。
10月から衣替えなので父上の冬用制服を出し、長袖Yシャツにアイロンをかけました。帰宅した態度次第で、実家に帰ろうと思っていたんです。

ご飯を炊いて冷凍して、レトルトのカレーとか牛丼とかいっぱい買ってこよう。(いつも実家に行く時は用意していきます。)
いざ買い物に行ったら、普段と変わらない買い物をして帰ってきちゃったんです… ハッΣ(゜ロ゜〃) シマッタ
家に着いて、買ったものを冷蔵庫に入れてて気づきました。
雨の中、何しに行ったんだ・・・_| ̄|○ ガクッ
いいやっ! いつもと違うんだし、喧嘩した後だから何も用意しないで行っちゃえ

結果から言うと、実家に帰らずに家にいます。
どちらかが謝ったってわけじゃないけど、お互いにそれには触れずに…ってことで _(^^;)ゞ
なんとなく終わりました。いつもこんなです。

父上はビクビクしていたそうです。
メールしても返事が来ない。電話しても出ない。
家に帰って灯りがついていなかったらどうしようって…
姫を寝かしつけてたから、気づかなかったんです。(゜m゜*)プッ

ある意味、母上の勝ちでしょ (  ̄ー) ヨコガオニヤリ

父上が寝た後で荷造りして、遅くに実家に帰った事もあったんです。
ただ、それだと実家の親が心配するので最近はしません。
出るなら、父上が出勤した後にするようにしてます。(笑)
[PR]
# by stretch_tongari | 2004-09-30 06:29 | 父上 | Trackback | Comments(2)

犬も喰わない話

昨日、父上と喧嘩しました。
ケンカと言っても、他の家庭ではケンカといわないかもしれません。

父上は、高校生の時にバイクのレースをしていました。
プロのチームからスカウトがくるほどだったそうですが、両親に反対され諦めたそうです。
それからしばらくバイクには乗っていなかったようですが、たまたま身近でバイクを乗る人がいるのを知って、また乗りたくなったんです。

1年前・・・
バイクが欲しいと言っても、はいどうぞと買えるほど余裕はありません。
この時も、少し言い争いになったのですが、母上は父上の気持ちもわかったので、長年やめられなかったタバコを絶つことを条件にバイクを買うことを渋々許したんです。父上も頑張って禁煙したんですよ。
久しぶりのバイクが嬉しいのか、父上はよくツーリングに行くようになりました。
母上が首が痛くて動けない時も走りに行ったほどです。
この時は、実家に帰ってやろうと思いましたが、痛くて動けないのでガマンしたんですよ(笑)

1年経って・・・
一緒に走る仲間が、ほとんど大型なので自分も大型の免許を取りたいって言うんです。母上は反対しました。だって、免許が取れたら大型のバイクが欲しくなるでしょ?
でも、あまりにうるさいので約束したんです。
仮に取れても2年は今のバイクでガマンするって・・・
それなのに『もうエンジンが限界』だとか『みんなが大型に乗れって言ってる』とかブツブツブツブツ・・・・ (-""-;)
昨日、免許が取れたんです。
母上は『約束したんだから、バイクは買わないからね』って言ったんです。
父上は怒って不貞寝。
どうしてガマンする事ができないのでしょう・・・ (=`ェ´=) ム!
意地悪で言ってるんじゃないのに・・・ 
自分さえ楽しければ、家計の事などどうでもいいのでしょうか?

もしもこの投稿が滞っていたら『ああ、実家に帰っちゃったのね』って思って下さい(笑)
今回は、本当に『母上のため息』でした。 (〃´o`)=3 はぁっ
[PR]
# by stretch_tongari | 2004-09-29 09:57 | 父上 | Trackback | Comments(0)

救世主です (*´∀`人)

母上は昔から肩こりがひどかったんです。
主婦になって、仕事をしなくなってからは軽くなりました。
でも、たまに首が痛くなるんです。それも半端な痛さじゃないんです。
 ウッッΣ(>д<) イテッ!!
寝違えたなんてもんじゃありません。
ムチウチになった事はないけど、こんな感じかなって感じです。
1mm動かすだけで激痛・・・
病院に行きたくても、痛くて車を運転するなんて無理。おてんばな姫を連れて歩いて行くのも無理。痛みが引くまで数日間は、痛み止めを4時間おきくらいおきに飲みます。
寝てる時の姿勢が悪いんでしょうか?骨が歪んでいるのでしょうか?両方かな?

そんなのが何回かつづいた時、ある物に出会いました。

ピッ○エレ○バンみたいに、痛い場所に貼るものです。でも、磁力があるわけじゃないんです。
花の形をしたプラスチックにいくつかの突起があるだけなんです。
頭痛・腰痛・生理通・むちうち・関節痛…とにかく痛みっていう痛みに効くみたいに書いてあるんです。しかも、貼った瞬間に効果があって、痛みを感じなくなったらすぐにはがすっていうんです。
信じられませんよね?
でも、母上には『溺れる者は藁をも掴む』の心境だったので購入したんです。早速貼ってみます。

 えっっっ嘘っっ ( ̄□ ̄;)

すごい効果でした。
痛みがまったくなくなるわけではないんですが、10だった痛みが貼っただけで4以下になった感じ。
びっくりして友達に話してみたら、彼女も購入したんです。
『肩こりのところに貼ってみた。貼ったとこだけ治ってる。気持ち悪いぃ』
って…

その品物を父の日にプレゼントしたのですが、やはり効いたって言ってました。
勿論、個人差はあると思いますが、いいものに出会えました。
肩こりで悩んでる方は、試してみる価値ありです。
ただ、ちょっとお高いです。
b0026388_23505025.jpg

今日は、ちょっと肩が痛いので貼ってみました。
おかげで、ネタになりました。 C=(^◇^ ; ホッ!
[PR]
# by stretch_tongari | 2004-09-28 00:00 | 母上のため息 | Trackback | Comments(4)
喫茶店やレストランでコーヒーや紅茶などの暖かい飲み物を注文すると、いつも受け皿がついてきます。あたりまえすぎてあまり疑問にも思わないかもしれません。
特に何かに使うわけでもないし、スプーンやミルクを置く為だけ?
さて、いったい何故なのでしょうか?

実は18世紀のイギリスで行われていた習慣によるもので、当時イギリスでは紅茶を飲むとき、カップから別の皿に移して冷ましてから飲む習慣があったそうです。
今考えると変な感じだけど、当時はそんなのが当たり前だったのかな?

その後、この飲み方は労働階級のやる無作法なやり方と非難されて、その習慣は消滅。
ところが、何故か受け皿の習慣だけはそのまま残ってしまった…
ようです。



ハァッε-(。_。;)ノ ネタ切れです・・・
[PR]
# by stretch_tongari | 2004-09-27 14:45 | 逃げ道の雑学 | Trackback | Comments(1)

納豆味噌ラーメン

昨日は外食 ((o(^∇^)o))

最近、わりと近くにあるラーメン屋さんを何軒かまわってるんです。
この前入った☆△軒の塩ラーメンが絶品。
またそれを食べたくて、同じお店に行ってきました。
外食の時は、母上と姫が1人分を取り分けて食べるの事がほとんどなので姫にも食べれる物を注文します。

お店に入り、メニューを見ながら『じゃ、母上は塩ラーメンね』他のメニューは目にはいりません。もともと塩ラーメン好きなんです。
メニューには載ってないけれど、テーブルや壁に貼られているメニューがありました。前回きた時もあったのですが、迷わず塩にしました。
今回も、気にはなるけど塩ラーメン。
でも、父上が『挑戦してみたら?』って言うんです…そのメニューに
自分はタンタンメンにするって。
姫も食べれそうだし…それにしてみようか?

本日のオーダー  『納豆味噌ラーメン』

b0026388_872421.jpg

ちょっとスープの濃い味噌ラーメンに、もやし・メンマ・チャーシュー・ネギ・納豆・温泉玉子が乗っています。
しかも、納豆は売っている1パック分は乗ってます。
さて、その『納豆味噌ラーメン』のお味です。
例えて言うなら ( ̄-  ̄ ) ンー味噌ラーメンに納豆を入れた感じ!
ってそのままじゃん プププッ (*^m^)o==3
始めは味噌ラーメンと納豆は別物だったのですが、食が進む度にそれらはブレンドし合いなんともいえない風味をかもしだします。
先に食べ終わった父上が、ちょっと味見させて…とスープをズズッ
『・・・・・・・・かなり激しい味だね』激しい味って

ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、'`,、・・・・・

ちなみに、姫は納豆が大好きなんです。どんなに好きなおかずを並べても、納豆に勝る物はないくらいです。
納豆があると、信じられないくらいご飯がすすみます。
昨日のラーメンもちゃんと食べてました。

でも、今度は塩ラーメンにしようね。

余談ですが・・・
ラーメンを食べてる時、1人の外人さんが入ってきました。
こういう場所には似合わないようなスラリとしたイケメン(笑)
ビールと餃子とラーメンを頼んでました。
箸の使い方がぎこちないのがかわいい (*ノノ)キャ
でも…暑くなってきたのか、きてたサマーセーターを脱いでく姿はちょっとオヤジっぽい(笑)
白い肌も、帰る時にはピンクに染まってました。
[PR]
# by stretch_tongari | 2004-09-26 08:13 | 食いしん坊 | Trackback | Comments(2)