<   2016年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

身の毛がよだつ…

b0026388_2053050.jpg
食事の支度のお手伝いをしたがる太郎くん。

怖くて見ていられません。

どんなホラー映画よりも身の毛がよだつ…

背中がゾワゾワ~ってなります。

[PR]
by stretch_tongari | 2016-03-30 20:55 | 太郎くん 8歳 | Trackback | Comments(0)

監禁事件で思う事

春休みに入って、実家に行っている時にこんなニュースが
「逃走できなかった」=保護の少女、2年間監禁か

時事通信 3月28日(月)14時33分配信



 2014年3月に行方不明となった埼玉県朝霞市の女子中学生(15)が東京都中野区で保護された事件で、女子生徒が「これまでも逃走の機会をうかがったが、なかなかできなかった」と話していることが28日、捜査関係者への取材で分かった。
 「知らない男に無理やり連れて行かれた」とも説明しており、県警は女子生徒が誘拐され、2年以上にわたって監禁されていたとみて捜査している。
 県警や捜査関係者によると、女子生徒は14年3月10日、下校後に行方不明となった。同日夕、「家も学校もちょっと休みたいです」「さがさないでください」と書かれたメモが自宅の郵便受けで見つかったが、女子生徒は「自宅から無理やり、知らない男の家に連れて来られた」と説明している。 
以前、9年間監禁されていた事件がありましたね。
それが真っ先に頭に浮かびました。

こんな失踪事件があった事すら記憶には無かったのですが、ちょうど今の姫と同じ頃に誘拐され…2年も監禁されていたなんて、どんなに辛くて、不安で、絶望的だったかと思います。
ご両親も、心配で心配で辛い日々だったと思います。
本当に無事で良かった。

中学生と言っても、身体こそ大人と変わらないくらいですが、精神的にはまだまだ子供です。
頭のいい犯人の口車に、簡単に引っかかっちゃったんでしょうね。
よく無事で逃げ出す事ができました。とてもとても勇気がいった事だと思います。

この子のこれからの人生が穏やかである事を願います。
心のケアが大変だと思います。
同級生は卒業し、進学を控えています。
止まってしまった2年間を取り戻すにはそれ以上の時間がかかるかもしれせん。
ご両親だけでなく、同級生やこれから出来る友達の愛情とフォローが必要だと思います。

頭が良くて国立大学を卒業し、就職も決まっていた犯人。
普通に生活していれば、順風満帆な人生だったかもしれないのに…
お勉強は出来ても、人間的にはおバカちゃんでしたね。
未来ある少女の人生を他人が操作しようなんて事自体ナンセンス!
隠し通せるとでも思っていたのでしょぅか?

姫には日頃から言っている事があります。
登下校中に不審者に襲われたら…
なによりも命が大事!
まずは大きな声を出して逃げなさい!
荷物なんてほったらかしてもいいから、大声で助けを求めながら逃げる。
間違っても応戦しようとしない事。

小学生は皆防犯ブザーを持っていますが、中学生も持った方がいいのかなぁ?
[PR]
by stretch_tongari | 2016-03-29 12:30 | NEWSで考える | Trackback | Comments(0)

現代っ子だな~ な話

自分が中学生の頃には携帯なんて持っていませんでした。

今は中学生がスマホを持っているのが普通の時代だからこそなのでしょうが…
小中学校のクラスメイトは同じ地域に住む友達で、小さい頃から同じ環境で成長してきたけれど、高校となると近くに住む人とは限らない。
どんな人がいるか、仲良くなれるか不安だったものです。

今は入学前にすでにLINEのグループがあって、繋がりができるらしいです。
そこですでにトラブルが起きているとか…
便利になった半面、それがきっかけでトラブルの元にもなる。

我が子がその波に上手く乗れるのか、変な渦に巻き込まれてもがくのか…
今から不安でしかたありません。

その前に、受験っていう壁を乗り越えないといけないのですが…


少し前まではSNSとかブログって大人がする物という認識でしたが、今は普通に中学生がやっている時代…
でも、まだその使い方が正しいとは言えないかも。
個人情報ダダ漏れでしょ?ってのが目につきます。
この子のご両親は、子供が書いている事や写真を知っているのかしら?
自分だけならともかく、周りに写っている子はこれをしっているのかしら?

姫にはLINEだけはOKしていますが、先日twitterのアカウントを取った時にはダメだと話して削除しました。
友達はやっていると言いましたが『よそはよそ。我が家のルールではまだダメ!』
気軽に写真をUPできるって事で便利なように思えるけど、危機感ハンパないでしょ!
バイト先の冷蔵庫に入ったり、食材で遊んだり、おバカな行動をUPして、周囲に多大な迷惑をかけたりって事件が多々ありました。学校を辞めなきゃいけなくなったとか…
後先考えず、ノリで一度ネットにUPしてしまった時点で、それが身を滅ぼすって事もあります。

もう少し、ネットの正しい使い方と怖さを教えないと…
[PR]
by stretch_tongari | 2016-03-24 10:25 | 母上のため息 | Trackback | Comments(0)

臓器提供意思表示

テレビで、臓器提供の意思カードを見た子供達が『これって何?』と…

いい機会だと思って脳死というのがどういう状態なのか、臓器移植でしか助からない人がいる事、何らかの理由で脳死状態になってしまった時、まだ健康な臓器を他の人にあげて欲しいっていう意思を証明するカードなんだよと教えました。

そして、免許証を見せて
『ほら ここに○がしてあるでしょ。もしも母上がそういう状態になってしまったら、自分ではこうして欲しいって言えないから、ここに書いてある事を覚えてて』

姫ちゃんは書かれている事を読んで、色々聞いてきます。
提供するって事は、そこで命が終わるという事で…
でも、焼かれて灰になるだけなら、使える物は全部使って欲しいって事を知ってもらうきっかけになりました。

太郎くんは耳をふさいで『悲しくなるから、そんな話しないで』と言います。
姫ちゃんはなんとなく理解したかな?
太郎くんはまだ考えたくないのかもしれません。
母上だってそんな日は来てほしくないけどね!

太郎くんがもう少し大きくなったら、もう一度ゆっくり話してみようと思います。
[PR]
by stretch_tongari | 2016-03-18 10:08 | 母上のため息 | Trackback | Comments(0)

amazonでドラえもんBOX

ネットショップなくして我が家の買い物は成り立たないくらい便利に利用してます。
楽天も使いますが、同じ物を同じ値段で買うならやっぱり amazon。
ポチッと押せば翌日には届く!
本当に早いから、急に何かが必要になった時に助かります。

b0026388_1131741.jpg
今回、初めてドラえもんの箱で届きました。
底面も側面もドラえもんの漫画がプリントされてます。
何これ~!

数量限定のラッキーBOXですって!
ラッキー感がハンパない♡

つぶして捨てるなんてもったいなくてできませ~ん!

[PR]
by stretch_tongari | 2016-03-14 11:15 | 母上のため息 | Trackback | Comments(0)
【あのニュースで損する人得する人】のサイゲン大介のコーナーでやってた
『リンガーハットのちゃんぽん』に挑戦してみました!

観てたらむしょうに食べたくなっちゃったのよ~♡

b0026388_2035788.jpg
(ノ´▽`)ノオオオオッ♪ 美味い!
再現してるよ~!
さすが サイゲン大介!

父上はリンガーハットの冷凍のだと思ったらしいです。
たいした手間もかからず、あの味が食べられました。

また作ろっ (^ー^* )フフ♪


[PR]
by stretch_tongari | 2016-03-09 20:18 | 食いしん坊 | Trackback | Comments(1)

太郎くんの体調不良

太郎くんが突然吐いてしまいました。

母上がお風呂に入っている間に、急にきたらしく…
洗面台に吐いてしまったようです。
口の中が気持ち悪くて、そのままゆすいだりしたもので、洗面台は吐いた物が水とミックスされ、それはそれは絶望的な光景でした。
ガ━━━(゜ロ゜;)━━ン!!
ニオイも凄いし…(涙)
本人は流そうとしたようですが、詰まって流れず…

なぜトイレでやってくれなかったの…_| ̄|○

我が家のお子ちゃま達は、高熱と鼻血はなれているのですが、小さいころから吐くと言う事がほとんどなく、突然の吐き気にどうしたらいいのかがわからないのです。
排水溝のゴミ袋で固形物をすくってなんとか流れましたが、大変な作業でした。
それを間近で見ていた太郎君は『ごめんなさい』と…

ノロだったらどうしようかと心配しましたが、吐いたのはそれきりでした。
翌日も吐く事は無く、下痢や熱もなく、食欲もありました。

なんだったんだろう…

最近の太郎君は、体調がコントロールできていないです。
これから暖かかったり寒かったりの陽気になるので、気をつけないと…
[PR]
by stretch_tongari | 2016-03-08 10:55 | 太郎くん 8歳 | Trackback | Comments(0)

忘れ物

お雛様を片づけようかと思ったら…

( ̄ェ ̄;) エッ?
太郎くんの机に筆箱が…
9時半か… 2時間目が始まったばかり。
借りるにしても1日は不便だろうな~

自転車をすっ飛ばして届けに行きました。
職員室にいた事務の方に教室まで届けてもらうようにお願いしてきました。
気付くのがもっと遅ければ行かなかったでしょうね。(笑)

『ただいま~』帰ってきた太郎くんに『ママに何か言う事ある?』と聞いたら
『筆箱を届けてくれてありがとっ! いい運動になったね』ですって。(涙)

1時間目は生活で鉛筆は使わなかったそうです。
2時間目は算数でしたが、筆箱が届くまでは鉛筆は使っていなかったようで、誰かに借りたりしないで済んだようです。
でも、忘れた事は気付いていたから、誰かに借りなきゃとは思っていたそうです。

前の日にちゃんと準備をしなさいって言ってるでしょ!
とりあえず、役に立ったようで良かったです。



[PR]
by stretch_tongari | 2016-03-04 15:12 | 太郎くん 8歳 | Trackback | Comments(0)

ひな祭り

b0026388_20372043.jpg今日はひな祭り。
今年はインフルエンザやらでバタバタしていて、お雛様を出すのがだいぶ遅くなってしまいましたが、1日が大安だったので頑張って出しました。
バアバの手作りのつるし雛は今年は勘弁してもらいました。

その代わり、太郎くんが折り紙で作ったお雛様も一緒に飾ってみました。

[PR]
by stretch_tongari | 2016-03-03 20:44 | 姫ちゃん 13歳 | Trackback | Comments(0)
こんな記事を発見
<認知症事故訴訟>JR東海に逆転勝訴

弁護士ドットコム 3月1日(火)18時0分配信


<認知症事故訴訟>「肩の荷がおりてホッとした」JR東海に逆転勝訴の家族がコメント
男性の家族側の弁護団・浅岡輝彦弁護士
 認知症の91歳の男性が徘徊中に線路に立ち入り、列車にはねられて死亡する事故が2007年、愛知県大府市で起きた。この事故をめぐって、JR東海が、男性の家族に損害賠償を求めていた訴訟で、最高裁判所第3小法廷は3月1日、男性の妻に賠償責任を認めた2審判決を破棄して、JR東海の請求を退ける逆転判決を言い渡した。
 判決後、男性の家族側の弁護団が東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見を開いた。浅岡輝彦弁護士は「家族側の主張が全面的に取り入れられた素晴らしい判決だった」「画期的な判決だった」と述べた。
 また、男性の長男は弁護団を通じて、「最高裁におかれましては、大変あたたかい判断をしていただき、心より感謝しています。父も喜んでいると思います。8年間いろいろなことがありましたが、これで肩の荷がおりてホッとした思いです」というコメントを発表した。

<中略>

 浅岡弁護士は会見で、「配偶者や家族であることだけでは、『監督義務者』にあたらず、特別な状況がなければ、監督責任を負わないと判示された。画期的な判決だったと評価している。家族法の分野についても重要で、成年後見人の制度についても、とても素晴らしい判決だった」と強調した。

 JR東海は「個々にはお気の毒な事情があることは十分に承知しているが、当社としては、列車の運行に支障が生じ、振替輸送に係る費用なども発生したことから、裁判所の判断を求めたものであります。今回の判決については、最高裁の判決でありますので、真摯に受け止めます」というコメントを発表した。

テレビでも取り上げられ、注目の裁判でした。

私の母が結婚した時に、父は養父(父の伯父)がいました。
養父と言っても戸籍上の事で、実際に育てていたのは実の親でしたが、兄弟が多かった為に末っ子の父が独身の伯父さんの養子になっていたそうです。
この養父が今で言う認知症になってしまったそうです。
私の弟が産まれた頃には一緒に生活していたそうです。
徘徊が頻繁で、突然電車で出かけたけれど帰れなくなって警察から連絡が来た事も何度もあったそうです。
捜索願を出した事も何度かあったそうです。
赤ちゃんだった弟が昼寝をしたすきに買い物に行き、帰ったら寝ている弟の横で包丁を持った伯父さんが立っていた事もあったそうです。
20代だった母は、幼かった私と産まれたばかりの弟がいて、さらに認知症の伯父さん…
想像もできないくらいの苦労だったと思います。

今回のニュースを見て、家族に賠償を求めるなんて酷な話しだと思いました。
介護をしている家族に、24時間監視しているなんて無理です。
首に縄をつけていろとでも言うのでしょうか?
施設に入れればいいとでも?
介護施設に受け入れる枠がない事だって多いし、金銭的な問題もあります。

JR東海側の意見もわかります。実際に多額の費用が発生しているわけですからね…

これから嫌でも深刻な少子高齢化社会になります。
認知症の数が激増する事でしょう。
下手したら、夫婦2人で4人の介護をしなくてはいけない時代です。
今回の最高裁の判決には安堵した人は多いのではないでしょうか?
だからと言って、認知症の家族を監督しなくてもいいという事ではありません。
家庭での介護には限界があるという事です。

私だって、明日は我が身です。

これを機に、保険会社には、一緒に生活していない遠くで暮らす家族も対象になる賠償保険(すでにあるかは未確認)のような物を出してほしいです。
鉄道会社も自衛策を練っていただいて、簡単に線路に入れないようにするとかして頂きたいです。

[PR]
by stretch_tongari | 2016-03-01 19:54 | NEWSで考える | Trackback | Comments(0)

おてんばで難しいお年頃な姫ちゃん(中3) &甘えん坊で暴れん坊な太郎くん(小4) 日々進化中!


by 母上