おてんばで難しいお年頃な姫ちゃん(中3) &甘えん坊で暴れん坊な太郎くん(小4) 日々進化中!


by 母上

カテゴリ:父上( 74 )

b0026388_15341528.jpg
私の愛車(ママチャリ)が、富士スピードウェイを走る為に持って行かれました。
父上が会社の仲間と スーパーママチャリGP にエントリーした為です。
昨年の夏くらいから有志を集い2チームで初エントリー。
目標は500位以内だそうです。
(参加チーム約1200チーム)

b0026388_15395769.jpg
前日から、場所取りの為にサーキットに乗り込みました。
7時間の耐久レースです。
チーム編成は本気のAチームと楽しみたいBチーム。
父上は本気のAチーム(7名)です。
私は行きませんが、陰ながら色々とお手伝いはさせられました

b0026388_15464175.jpg
一時は100位以内も行けるんじゃない?ってくらいの順位まで上がったようですが、その後失速…

それでも当初の目標を大きく上回る174位でした。
初参戦でこの順位なら大健闘です。
Bチームは887位でゴールしたそうです。

お天気にも恵まれ、みんな楽しめたようです。
早くも来年も参加すると宣言してました。
[PR]
by stretch_tongari | 2017-01-07 15:33 | 父上 | Trackback | Comments(0)

バイバイ マイカー

b0026388_913225.jpg
太郎くんがつかまり立ちができるようになった頃に購入し、8年半乗った父上の車。
売られていきました。

今までで一番長く乗った車なので、手放すとなると寂しさがあったようです。

次の車は注文済みだけど、納車は12月だそうです。
[PR]
by stretch_tongari | 2016-10-04 23:12 | 父上 | Trackback | Comments(0)

父の日

b0026388_14391271.jpg子供達から♪

いつも第3のビールしか買ってもらえない父上へ
ヱビスロイヤルセレクション!

かなり喜んでました (^ー^* )フフ♪
2本だけですが…(笑)
[PR]
by stretch_tongari | 2015-06-21 14:37 | 父上 | Trackback | Comments(0)

誕生日

b0026388_1638977.jpg
父上の誕生日!
お子ちゃま達と3人でケーキを作りました。
この時期だとスーパーでイチゴは売っていないので、カットフルーツを乗せてみました。

結論!
ケーキは買ったほうが美味しい!
(笑)

味はかなわないけど、愛情はたっぷりこもってますよ!
父上! 誕生日おめでとう!
[PR]
by stretch_tongari | 2014-09-20 22:37 | 父上 | Trackback | Comments(0)

あれから2年…

父上の突然の事故から2年経ちました。
1ヶ月入院し、退院時には杖をついて赤ちゃんと同じくらいゆっくりなペースでしか歩けず…
階段の上り下りもひと苦労でした。

怪我した箇所の骨が壊死する可能性があり、その場合は人工骨頭にしなければいけないと言われ、入院中に落ちてしまった筋力に愕然として、事故前と違って思うようにできず心配ばかりして鬱になり、それを乗り越えるのにも何ヶ月もかかったり…
労災だ保険だと手続きにイライラさせれらたり…

2年間は定期的に経過観察で、半年毎にMRIの検査をしてもらいました。
ちょっと痛むと壊死したかもしれないとビクビクして、その度に励ましたり、もっとポジティブになれ!とお尻を叩いてきました。
最後の検査で異常がなかったので、これで経過観察終了!
心配された後遺症もなく、傷だけがその証としてくっきりと残っています。
走れるようになったし、自転車も乗れるし、スキーも出来た!

母上にとっても長い2年だった…

自分がどれだれ心配をかけ、迷惑をかけたかなんて忘れちゃうのね!
またバイクに乗りたいとか言ってるから「乗るんだったら私は実家にに帰ります」と宣言しましたよ。
あんな想いは二度とごめんだわ!
[PR]
by stretch_tongari | 2014-09-09 18:31 | 父上 | Trackback | Comments(0)

スランプ

『僕は母上がいないと生きていられないよ』
『なにそれ (* ̄m ̄)プッ 昭和の演歌みたい』

父上は突然具合が悪くなってしまいました。
本当は突然ではなく、徐々にそうなっているのを感じていました。
感じていたからこそ、そうならないで欲しいと思っていました。

父上は心の病になってしまいました。
大きな原因は、9月の大怪我と入院生活で不安材料が一気に出てきてしまったせいだと思います。
自分の不注意で怪我をしてしまって、その結果家族に迷惑をかけたという罪悪感。
数年単位で経過観察をしていかなくてはいけない不安。
約50日動かなかったせいで落ちてしまった筋力のギャップへの不安。
入院した事によって収入が激減し、子供達が成人するまで支えていかなくてはいけないんだというプレッシャー。
色々な不安があったのでしょう。

仕事復帰して1カ月あたりから、父上から出てくる言葉は悲観的な事ばかりでした。
『なんでそんなにネガティブなの? もう平気なんだから! 前向きに考えなよ!』
仕事中のちょっとした時間に、1日に何度も電話がかかってきます。
その度にネガティブな事しか言わないので、それを聞くたびに母上の胃がキュ~っと痛みました。
初めの頃は 『こうしてみたら?』 とか 『心配ないから大丈夫だよ』 とか励ましていました。

12月に入ったあたりから、血の気がひく感じがした とか 気持ちが悪い とか 胸が締め付けられる とうったえるようになってきました。
父上の不安はエスカレートして、癌じゃないか?狭心症じゃないか?脳梗塞じゃないか?

母上もそれがストレスになってしまって 『調子が悪いなら医者に聞いてよ!母上は医者じゃないんだから解らないよ!』 と…
それもいけなかったのかも知れません。
父上にそう言いながら、精神的なものから来ているのでは?と思っていたのでした。

クリスマスの直前… 父上の心のタンクも溢れてしまったようです。
精神的な病気で身体的な症状が出ると言うのが結びつかないらしく、胸の締め付けられるのは狭心症しかあり得ないと思いこんでしまって、救急外来にかかって心電図や心エコーをとる事態に…
結果は異常所見なし。 それでも納得できなくて心臓の病気だと思い悩んでしまいます。
首や肩が痛ければ脳梗塞だと思いこみ、目が渇くのも何かの病気とか…
それもこれも、自分が病気になって死んでしまったら、家族はどうなる?という不安とプレッシャーからだと思います。

もともと気が弱くて、痛みにも弱くて、36.8度で熱が出たと大騒ぎする人ですから、一度にいろんな症状が出てしまってパニックに陥ってしまったのだと思います。
心療内科科のお薬を頂いて飲んだのですが、急に効いてくるわけではなく…
精神的なものが原因なのに、その薬を飲んでも効かないと不安になってしまって、負のループから脱出できずにいます。


母上がこの状態の父上を見捨てていなくなったら…
冗談ではなく、父上はきっと生きていられないでしょう。

父上の不安の訴えに、どんな態度をすればいいのでしょう?
憔悴した父上に、どんな言葉をかけたらいいのでしょう?
仕事を休ませた方がいいのか、少し辛くても行かせた方がいいのか?

これ以上深みにはまらないように、少しでも早く救い出してあげたいけど、どうすれば父上の心のタンクを修理できるのか解りません。
外科的に取って治せる病気でもありません。
傷は時間がたてば治っていくのが目でわかりますが、薬を飲んだからと言って日に日に回復していく病気でもありません。
今は話しかける事しか出来ません。
何か考えているような様子があれば 『今、何を考えてた?』

巨大な壁にぶちあたってしまいました。
父上がこの壁を乗り越えられるように、母上は何をしてあげればいいのでしょう?
[PR]
by stretch_tongari | 2012-12-27 01:39 | 父上 | Trackback | Comments(0)

墓穴を掘る

『昨日、会社でこんな物もらっちゃったよ~』 父上が、茶封筒から賞状を出しました。

会社からお褒めの賞状なんて初めてだね。  良く見ると…

(@'ω'@)ん?  『これは何?』

賞状に書かれている 金一封を添えて表彰します の文字。

『金一封って何よ!』

『(゜∇゜ ;)エッ!? そんな事書いてあった?』 慌てふためく父上。

添えられた金一封1万円は、没収させて頂きました。

父上 墓穴を掘ったね… ( ̄ー ̄)ニヤ
[PR]
by stretch_tongari | 2012-12-20 23:39 | 父上 | Trackback | Comments(0)

帰宅

父上は、33日ぶりに帰宅しました。
まだ元通りとまではいきませんが・・・

家に帰ってくれば、部屋は狭いし、階段もあるし、子供達はうるさいし・・・
でも、やっぱり家がいいよね~♪

狭い家の中には、突然父上が入院して以来、時が止まったままの場所があります。
やらなくてはいけない事を順番に片付けながら、日常に戻って行きたいです。
[PR]
by stretch_tongari | 2012-10-13 22:36 | 父上 | Trackback | Comments(0)

もうすぐ帰ってきます

父上が入院して1ヵ月が経ちました。
初めは痛みと不安で余裕もなかった父上でしたが、日が経つにつれて痛みもやわらぎ、少しずつですが余裕も出てきました。

半月を過ぎたあたりから、母上の介助つきですがシャワーもできるようになりました。
毎日身体を拭いてドライシャンプーもしていましたが、やはりシャワーは気持ちがいいです。
それからは、週に2回シャワーをするようにしました。
少しずつリハビリも初めました。

1ヵ月も経つと、最初の頃になかったストレスも多くなってきます。
後に入院した人が、自分より先に回復して退院して行くのを羨ましく思った事でしょう。
世間話できる人もいて少しは快適だった時もあったようです。
でも、次々に違う人が入ってくると、同室の方のナースコールや音を不快に思ったり、いびきで寝られなかったり…
最初は自分も全く動けなくて不自由だったのです。
同室の方にご迷惑をおかけしたかもしれませんが、入院生活が長くなると他のストレスも重なって些細な事がイライラの原因になったりします。

母上の方も、子供達と毎日通う事にストレスを感じていました。
毎日、姫の学校が終わるのを待って行っていたのですが、帰りが10分遅いだけでイライラ…
『毎日の事なのに、なんで早く帰れないの!』 と怒りをぶつける始末…
冷静になって考えれば、帰り道に友達とかくれんぼしたりおしゃべりしたりして、10分くらい遅くなるなんて普通の事です。何も悪い事をした訳ではないのです。
それなのに怒られるなんて理不尽ですよね…反省
病院で宿題をする事が日課となった姫ちゃんは友達と遊ぶ事もできませんでした。
歌う事が好きな太郎くんも、病室で歌えば 『しー』 っと制止され、おやつをこぼせば怒られます。
お腹がすいても、病院を出る19時までは食べられません。
夕食は20時くらいで、お風呂に入ってすぐに寝る毎日。
この1ヵ月、2人にも不自由な思いをさせてきました。

父上は勿論、家族もストレスの頂点です。


本来なら、まだあと1週間~10日は入院が必要なんだと思います。
ちょっと無理を言って、週末に退院させてもらう予定です。
どうせ毎日病院を往復するのなら、子供達が不在の日中にリハビリの送迎をする方がラクだから…
その方がみんなのストレスが軽減するはずです。

退院したからと言っても、全快ではありません。焦らずに時間が治してくれるのを待つだけです。
家に居たら居たで、違ったストレスが出てくるかもしれませんが…(笑)

年内の職場復帰は無理かと諦めた時もありましたが、思ったよりも早く復帰できるかもしれません。
[PR]
by stretch_tongari | 2012-10-11 09:21 | 父上 | Trackback | Comments(0)

病室で誕生日

父上が入院して10日経ちました。

b0026388_2324247.jpg
父上は誕生日を病室で迎えました。
姫は習い事で面会に行かれないので、登校前に電話で 『パパお誕生日おめでとう』 と伝えていました。
ベッドの上で迎えるなんて…
一生忘れられない誕生日になった事でしょう。

パッと見、元気に見えますが…
まだ立つ事ができません。
いつ家に帰って来られるのか?
仕事に復帰出来るのはいつになるか?

不安な事はたくさんあり過ぎるのですが、今は悪い事は考えないようにしています。
姫ちゃんは毛糸でミサンガを作りました。
『何をお願いしながら作ったと思う?』
『パパが早く退院できるようにでしょ?』
『おしいけどちょっと違うよ。早く治るようにだよ!退院しても完全に治った訳じゃないでしょ?』
面会に行けない姫ちゃんの代わりに渡しておくと言ったら 『自分でわたすからいいの!』
お揃いのを自分の足首にも巻いていました。

姫ちゃんの想いは、いつもよりもダイレクトに父上に届いた事でしょう。

お誕生日おめでとう。
[PR]
by stretch_tongari | 2012-09-20 22:47 | 父上 | Trackback | Comments(0)